【売却方法費用まとめ】家を売却する際の流れや税金・手数料について

【売却方法費用まとめ】家を売却する際の流れや税金・手数料について



家を売ることになったら、物件の引き渡し・代金受け渡しが完了するまではどんな流れになるのでしょうか?また、売却時には税金や手数料の支払いが発生します。今まで住んでいた家を売却して、そのお金を元手に新しい家の購入を検討している場合は、特に注意が必要です。今回は、家を売却する際の流れ、必要な諸費用についてご紹介します。売却方法や諸費用の目安を知っておくことで、スムーズに売却を進める助けになるでしょう。

家を売却する方法・引き渡しまでの流れ

家を売却するには、引き渡しまでに以下のような手順を踏む必要があります。

1.市場調査(相場や適正価格などのリサーチ)
2.不動産会社への相談
3.家の査定
4.不動産会社との媒介契約
5.売却活動
6.売却手続き・引き渡し

不動産会社に仲介を頼まない、個人売買という方法もあります。親戚や知人などから直接家を買ってくれる人を見つけられるのであればその方法でも良いでしょう。しかし、一から購入者を探す場合は個人の力では限界があるため、不動産会社に仲介を依頼して売却活動に専念してもらうことをおすすめします。

不動産会社に売却の相談をする際は、まず家の査定を依頼します。査定額に納得がいけば、不動産会社との媒介契約を交わします。媒介契約には3種類ありますが、「専属専任媒介契約」が一般的です。家が実際に売れるには6〜8カ月ほどかかることもあり、できるだけ短期間で売りたい場合には事前のリサーチや準備が重要になります。

売却査定の方法や注意点

家を売却するには、評価額を決める査定が必要です。不動産会社に査定を依頼すると、ほとんどの場合で無料査定ができるので、ぜひ気軽に試してみてください。実際に売るかは不明だけれど、大体の価格を知りたいというときでも、査定は可能です。無料査定に不安に覚える方もいるかもしれませんが、個人宅の売却であれば無料査定で問題ありません。

ただし、査定額は不動産会社によって異なります。保有している具体的なデータや細かい評価ポイントが、不動産会社や担当者によって違うのです。また、物件によって参照するデータも異なるので、一概に「こういう物件はいくら」とは断言できません。どの不動産会社を通して売却するかで売却価格は大きく変わるため、担当者との相性なども含めてよく見極めることが必要です。また、査定額がそのまま売却価格になるわけではないため、あくまでも査定額は予想される大まかな価格と捉えましょう。

家の売却にかかる諸費用

家を売却する際には、以下の諸費用がかかることも念頭に置いておく必要があります。

・仲介手数料
・抵当権抹消費用
・処分/解体費用

すべての費用が必ずかかるわけではありませんが、売却する側にもある程度費用は発生します。

家の売却にかかる税金

さらに、家の売却時には税金もかかります。そのため、「売却額=利益」とはならないのです。

・印紙税
・住民税
・譲渡所得税

大きなウエイトを占めるのは、住民税と譲渡所得税です。これらの税金は、売却によって利益が出た場合のみ課税されます。住民税や譲渡所得税がいくらになるかはケースバイケースですが、具体的な計算方法を知っておくと役に立つでしょう。

家を高く売却するには?

家をできるだけ高い値段で売却するには、いくつか抑えておくべきポイントがあります。

売却のタイミングを見極める

家には需要が高まるタイミングがあります。自分が売りに出したいと思った時期が需要のない時期であれば、売れるまで相当な期間が必要になるか、なかなか買い手がつかず最終的には値下げをするという可能性もあるでしょう。一方、最適なタイミングで需要の高い物件を売りに出すことができれば、希望額のまま早い段階に売れやすくなります。値下げせずに希望額で売却するためにも、物件の特徴などを踏まえた上でいつ頃が売れやすいのか、タイミングを見極めて売りに出すことが大切です。

リフォームは必要?

リフォームをすれば必ず高く売れるかというと、そうではありません。確かにリフォームで内装をきれいにして設備も新しくすれば印象は良くなりますし、買い手も安心して住むことができるでしょう。しかし、リフォームにかかった費用が回収できるとは限りませんし、リフォーム代をそのまま売却価格に含めることも実際は難しいところ。つまり、リフォームしてからの売却は費用対効果があまり良くないのです。

また、最近は自分でリフォームすることを念頭に置いて、中古物件を購入する方も多くいます。そのような方からすれば、何も手を入れていない物件をできるだけ安く購入し、あとは好きなようにリフォームすることが理想です。このように、場合によってはリフォームしない方が、買い手がつきやすいこともあります。

内覧の際の対応も重要になる

大掛かりなリフォームは必要ありませんが、あまりにも家が汚かったり散らかっていたりすると内覧の際の印象は良くないでしょう。内覧の印象を良くするためには、日ごろから掃除をしておくことをおすすめします。特にトイレやキッチン、浴室などの水回りは水アカや汚れが目立ちやすい場所。こまめに掃除しておくと清潔感が出ます。

また、物件内の傷や欠陥があれば内覧の際には正直に申し出ましょう。事前にホームインスペクションをしておけば、物件の正確な状態を知ることができるので利用を検討してみてください。あまりにもひどい劣化や汚れなどが見つかった場合は、一部、簡易リフォームを行うのも手です。

仲介手数料の出費を抑えよう

家を売却する際、不動産会社に仲介を依頼する場合は基本的に仲介手数料がかかります。物件自体の価格にもよりますが、仲介手数料は各種費用の中でも高額なもの。できるだけ抑えたいという方も多いでしょう。実は不動産会社によっては、仲介手数料を抑えられることもあります。仲介手数料は、売却・引き渡しに至るまで不動産会社が受け持つ仕事に対する費用です。しかし、サービスの質はそのままで、仲介手数料を半額にできるケースもあるため、できるだけコストをかけずに売却したい方は不動産会社を慎重に検討することをおすすめします。

まとめ

家の売却時にはさまざまな費用がかかります。不動産会社への仲介手数料や抵当権抹消費用などの諸費用、リフォームを行う場合はリフォーム代、また住民税や譲渡所得税などの各種税金など決して安くはありません。リブランでは、売却の際の仲介手数料を半額にてご案内しています。物件の無料査定もできますので、家の売却をお考えの方はぜひご相談ください。




お手続きの中でご不明な点がありましたら、いつでもお気軽にお問合せください。
仲介手数料無料 横浜不動産専門店のリブラン
TEL 045−624−0033  https://www.livran.jp

記事の更新日:

PAGE TOP