住宅購入のベストタイミングはいつが良い?賢い購入時期の考え方

住宅購入のベストタイミングはいつが良い?賢い購入時期の考え方




本日は、皆さんからよく質問される「住宅購入時期のベストタイミング」について、様々な観点から詳しく解説していこうと思います。

人生で一番大きなお買い物とは、「マイホーム」ではないでしょうか。
夢のマイホームを購入したいけれど、高額な買い物なだけになかなか決断できないという方も多いのではないないでしょうか。
では、マイホーム購入時期はいつ買うのがベストタイミングなのか誰もが知りたいところです。
そこで今回はマイホーム購入前に確認しておきたいこと、そしてマイホーム購入の適切な年収・年齢の2つの側面から住宅購入のベストタイミングを考えていきます。


,金のシミュレーションを考える


皆さんはマイホーム購入の際、まず頭金を貯めるのではないでしょうか?
多くの人は頭金を貯め、残りは住宅ローンを組んで返済するパターンが一般的です。
頭金が多いほど住宅ローン返済額は少なくなり、返済が楽になります。
マイホームを購入するときには、「現在貯蓄額がどれくらいあり、頭金にどれほど充当できるのか」「毎月の返済限度額はいくら位が妥当か」「ローンの返済期間はどの位にすべきか」等を事前に確認しておくことが大切です。
私がお客様にお薦めしているのは、現在の家賃と同程度くらいの毎月返済額であれば、購入しても良いのではないかとアドバイスしています。
マイホームを購入する際には、事前にある程度お金のシミュレーションをして、無理のない返済計画を立てましょう。


⊂来のライフプランを考える


マイホーム購入にあたりぜひ考えておきたいことが「将来のライフプラン」です。
「子供は何人くらいが希望なのか」、「子供の教育費にどれ位かかるのか」、「自分の定年と退職金はどのくらいになるのか」等の将来おおまかなライフプランを考えます。
住宅ローンを組んだ場合、長期間にわたって毎月一定額を支払い続けるため、「現在ローンを支払えるか」だけではなく、将来のライフプランを見通した上で無理が生じないかを考えておくことが非常に重要となります。


G収から購入時期を考える


マイホーム購入の際に気になる点として「どのくらいの年収があれば、気に入った物件を購入できるのか」「自分の年収ではどの程度の物件を購入できるのか」があります。
一般的には年収の5倍〜6倍程度が望ましいといわれていますが、あくまで目安に過ぎません。
頭金に充当する自己資金の額や住宅ローン金利などを考えながら毎月の返済計画を立て、「この水準なら大丈夫」というラインを自分で決めておくことが大切です。
住宅ローン返済に充当する年間の返済金額は年収の2割程度が限度といわれており、2割を超えない範囲で設定すると良いでしょう。
良い物件を手にしたいという気持ちもあるかもしれませんが、いざというときのことも考えておくことも重要です。
年収が低い20歳台のうちは物件も見定める眼を養い、30歳台で年収がアップしてからマイホーム購入を目指すことも悪くはありません。


ぅ蹇璽麒嶌僉Υ虻冉齢から考える


住宅ローンを組む場合、年齢を重ねると収入が減る可能性もあるため、若いときにローンを組み、できるだけ早く返済したいと考える方も多いと思います。
では、マイホーム購入の際の適切な年齢としては何歳ぐらいが望ましいのでしょうか?
例えば、30歳で35年ローンを組んだ場合、完済年齢は65歳です。
最近は65歳ぐらいまで定年を延長する会社も増えてきているため、このケースであれば定年までに払い終わることになり、安心した返済計画を立てることが可能です。
会社の定年までに住宅ローン返済を終わらせたいと考えるのであれば、30歳くらいでローンを組むことが理想的です。
また、多くの方は70歳くらいまでに住宅ローン返済を終えたいと考える方が多いと思います。
その場合35年ローンを組む場合には、35歳が一応のタイムリミットになります。
もちろん、35歳以上でマイホームを購入することも十分可能です。ただし、その場合は頭金を多めに設定することをお薦めいたします。
「頭金を多めに貯めて住宅ローン返済期間を短くするのか」、それとも「頭金なしで長期間のローンを組んで利息を払い続けるのか」、いずれの選択をするかはお客様の考え方次第です。

最後に

マイホーム購入のベストタイミングとしては、
…蠻を迎える60歳〜65歳くらいまでに住宅ローン返済の目途がつくこと
年収の2割程度をローン返済に充当しても生活が成り立つこと
2搬温柔や将来のライフプランがほぼ固まっていること
以上の3つの条件が揃っている時が「住宅購入のベストタイミング」の目安です。
マイホーム購入のタイミングと自分が描いているライフプランを照らし合わせて、ベストな購入時期を検討してみましょう。




お手続きの中でご不明な点がありましたら、いつでもお気軽にお問合せください。
仲介手数料無料 横浜不動産専門店のリブラン
TEL 045−624−0033  https://www.livran.jp

記事の更新日:

PAGE TOP