お役立ちコラム

住宅ローン控除に必要!新築の不動産を購入した際の確定申告
「その他お役立ち」編お役立ちコラム

住宅ローン控除に必要!新築の不動産を購入した際の確定申告新築の一戸建て購入は、大きな買い物です。支払いの負担を少しでも減らしたいなら、「住宅ローン控除」制度をぜひ活用しましょう。住宅ローン控除は、ローンの残高に応じて税金負担が減るという制度です。今回は、住宅ローン控除を受ける際に欠かせない、確...

新築不動産の購入前にチェック!税金や諸費用について
「その他お役立ち」編お役立ちコラム

新築不動産の購入前にチェック!税金や諸費用について新築不動産を購入する際、物件の購入費用以外にも税金や各種諸費用がかかります。それらの合計金額は物件によって差があるものの、仲介手数料や登記費用などは意外と高額なため、不動産購入費用にそれらを含めて事前に算出しておく必要があります。そこで今回は、...

増税後に住宅購入すると損?「住宅ローン減税延長」のポイント
「その他お役立ち」編お役立ちコラム

増税後に住宅購入すると損?「住宅ローン減税延長」のポイント2019年10月1日に消費税率の引き上げが予定されています。税率8%から10%になった場合、住宅購入にどのような影響があるのでしょうか。今回は増税と住宅購入に注目し、ポイントとなる「住宅ローン減税延長」の制度についてご紹介します。消費税...

固定資産税はいつ・いくら払う?新築購入時の固定資産税について
「不動産にかかる税金」編お役立ちコラム

固定資産税はいつ・いくら払う?新築購入時の固定資産税について住宅の購入を検討する際、物件価格や住宅ローンの支払いなどについてまず考えるかもしれません。しかし、住宅に長く住み続け、維持していく上で定期的かつ永続的にかかるコストとして、「固定資産税」も考慮しておく必要があります。そこで今回は、住宅...

空き巣対策は防犯住宅選びから!一戸建ての防犯チェックポイント
「住宅選びのコツ」編お役立ちコラム

空き巣対策は防犯住宅選びから!一戸建ての防犯チェックポイントこれからマイホーム購入を検討している方は、「防犯面」に気を付けて住宅選びを行いましょう。空き巣被害を防ぐためにはさまざまな防犯対策が考えられますが、実は住宅の立地も重要な要素です。鍵を二重ロックに変更するなどの防犯対策はマイホーム購入...

住宅ローン金利0.1%でも安く!
「住宅ローン」編お役立ちコラム

住宅ローン金利0.1%でも安く!住宅ローンを35年間借りたときにかかる100万円あたりの借入保証料は20,611円です。仮に住宅ローンが4,800万円の場合は989,328円となり、約100万円の保証料がかかります。これを前払い一括ではなく後払い(金利内枠方式)で支払うと、毎月の金利に0.2%...

ホームインスペクション(住宅診断)の必要性
「住宅の基礎知識」編お役立ちコラム

ホームインスペクション(住宅診断)の必要性「住宅診断」のことです。住宅の劣化状況や欠陥の有無を調べたり、改修が必要な箇所とその時期、費用などの見極め等を行います。アメリカでは州によりますが、取引全体の7〜9割がホームインスぺクションを行っているといいます。 国交省の流通市場研究会では、この住宅...

ローコスト住宅の評判はどう?ローコスト住宅が安い理由と問題点
「住宅選びのコツ」編お役立ちコラム

ローコスト住宅の評判はどう?ローコスト住宅が安い理由と問題点新築一戸建ての購入を予定している方の中には、ローコスト住宅を選択肢の1つとしてお考えの方もいるのではないでしょうか。しかし、通常の住宅よりも価格が安いからこそ、その評判が気になると思います。 そこで今回は、ローコスト住宅が安い理由と問...

マンションの耐用年数は?マンションの寿命がきたらどうする?
「その他お役立ち」編お役立ちコラム

マンションの耐用年数は?マンションの寿命がきたらどうする?マンションを購入するからには、長く住み続けたいものです。しかし、マンションには寿命があることをご存じでしょうか。これからマンションの購入を検討している場合は、マンションの耐用年数についても学んでおきましょう。今回は、マンションの耐用年数...

不動産の売買に関する仲介手数料の相場はいくら?計算方法は?
「仲介手数料」編お役立ちコラム

不動産の売買に関する仲介手数料の相場はいくら?計算方法は?一般的に、土地や不動産を売買する際には、不動産会社に仲介を依頼します。個人では難しい買い主とのマッチングや価格決定、諸手続きなどを不動産会社に依頼することで、スムーズな不動産の売買を成立させることができるためです。売買が成立した際には、...

PAGE TOP